forders カタログ  forders 依頼書  forders 一般業務受託規定


サービス概要

経験豊富なペプチド科学のプロが、独自のノウハウと技術を駆使し、アミノ酸誘導体化した ピロールやイミダゾール骨格のペプチド(PIPA)を確実に合成いたします。
当該、分析精製のためのHPLC カラムも開発しました。

分子認識の応用 ピロール・イミダゾールからなるポリアミドの新規遺伝子医薬への応用

ピロール・イミダゾールからなるポリアミド(PIPA) は、抗生物質より見いだされた低分子有機化合物で、転写因子より強く配列特異的に2本鎖 DNA に結合し、標的遺伝子の転写活性を強力に抑制します(文献参照)。
核酸分解酵素などに対し耐性で、生体内で安定であり、ベクターやデリバリー試薬なしに細胞の核に取り込まれることが知られている。ハイペップ研究所では化学合成で分子設計をした PIPA を受託合成しています。
PIPA は未だ有効な治療薬のない難治性疾患等に対し、新規な遺伝子転写制御薬として期待されています。

[文献]P. B. Dervan et. al., Nature 391 (1998) 468-471;
P. B. Dervan and R. W. Burli, Current Opinion in Chemical Biology 3 (1999)
688-693;
P. B. Dervan, Bioorganic & Medicinal Chemistry 9 (2001) 2215-2235.

競合技術と PIPA の優れた特長

核酸医薬が開発されているが、これらは生体内で分解され易く、実用化されていません。
PIPAは核酸分解酵素によって分解されることなく、生体内で安定します。遺伝子治療薬としては、ペプチド核酸(PNA)が注目されましたが、その後、細胞内への移行、毒性の問題等で未だ実用化されていません。
遺伝子発現を抑制する方法としてsiRNAが知られていますが、これはToll様受容体の活性化による副作用が問題となっています。PIPAを標的遺伝子のプロモーター配列に特異的に設計することで、標的遺伝子の転写のみを抑制することができます。

受託価格

基本料金、末端処理価格、標識料金からなります。
価格は配列、修飾場所、純度、合成量によって変動しますのでお問い合わせください。
デザイン料は別途ご請求いたします。長鎖ポリアミド、特殊コンジュゲート、タンデム型等は特に合成量、合成の難易度、精製の難易度等により価格は大きく変わりますので都度見積もりをいたします。また、別途特急納品にも対応致します。

合成アミノ酸ビルディングブロック数
6~20基(標準合成範囲は、10~20残基)
※21残基以上は特注となりますのでご相談ください。

合成サンプル精製純度
精製無し, 90 % 以上, 95 % 以上。

標準合成量
1 mg, 5 mg, 10 mg, 20 mg
※20mg以上は特注扱いとなりますのでご相談ください。
※GMPグレードは 500 mg からとなりますのでご相談ください。

品質保証データ
逆相HPLC分析および質量分析データ添付

納期
10営業日~15営業日 ただし、標識等で特殊試薬を使用する場合は試薬入手後とさせていただきます。

納品形態
凍結乾燥品/冷凍宅配です。 (溶解分注品等にも対応致します)。

メールでお問い合わせはこちら