ペプチド合成受託、タンパク質・ペプチドを中心とした研究開発・調査。実験器具類や試薬、バイオチップの販売

採用情報

2018年3月 実務経験者公募

弊社は定期採用をしておらず、必要に応じて募集しています。
紹介業者や派遣業者は通さず、ご自分で御応募ください。

ハイペップ研究所およびピプルス・ファーマでは、業務拡大および、API製造に伴い、新規に幹部候補社員を募集します。弊社では定期採用をしておらず、必要に応じて随時募集しております。
現在、バイオチップの開発では医学と生物学の知識・経験が必要で、すでにヒトの検体が集まってきており、実用化へ向けたフェーズに入っております。
創薬関連ではGMP製造を計画しており、研究者に限らず技術者も必要としています。
弊社は基本的に紹介業者や派遣業者などの介入はお断りしております。

【分野】
タンパク質・ペプチド科学、有機合成化学、生物工学、情報工学(バイオメディカルデータ処理)

【応募資格】
実験を伴う研究業務に即戦力となる方、ベンチャー企業の発展に積極的に参画できる方優遇。研究部門の中核となれる方を特に歓迎します。学歴・年齢・性別・出身地・国籍等一切不問ですが実力と専門知識・経験は不問ではありません。定年退職された方の第二の人生も歓迎します。年功序列はありません。学位や資格は、重要では無く、評価はあくまでも「本人のやる気」と「事業への貢献度」です。国籍不問であすが、研究者間での意思疎通が十分図れる言語能力(特に英語・日本語に加えて韓国語に堪能な方も歓迎)を有することがのぞましいです。定年退職者でフルタイムでないご希望も受け付けます。GMPおよび薬事許認可経験者も別途歓迎。

【分野】 
生物有機化学、合成化学。情報工学(バイオチップ検出情報によるソフトウエア構築、データベースの作成、画像解析、統計処理によるデータ解析、コンピュータソフトウエア制作を含む機器関連技術)

【ミッション】
 分子認識の研究とその事業化推進、API製造において有機合成化学分析化学の知識と経験を駆使した業務
職位:研究員、開発リーダ、GMP製造、薬事許認可治験のリーダー

【勤務地】
(株)ハイペップ研究所 京都本社、あるいは株式会社ピプルス・ファーマ 京都本社

【待遇】
 給与:面接時に詳細説明。有給休暇:労働基準法による日数を支給。社会保障制度:健康保険・厚生年金完備

【選考方法】
1. 書類選考
2. 予備面接
ミーティングの機会を設定します。インオフィシャルなのでご質問、ご希望があれば申し出てください。この時会社説明も兼ねます。
3. 役員面接:予備面接の後、双方が納得すれば「採用を前提」として正式役員面接を行います。
4.決定後、可能な限り速やかに入社勤務開始(弊社は定期採用をしていません。随時です)、入社後少なくとも3ヶ月間は試用期間です。正式雇用では本人のやる気と研究開発のマナー、チームワークを重視します。

【提出書類】
履歴書:
(写真添付)自筆でのカバーレターによるアッピール、およびワープロ履歴書(写真貼付)、研究・実務歴、論文リスト(推薦状任意)様式は自由(ビジネス上の特技、研究歴、発表論文リスト、推薦者のリファレンスがある方はその連絡先等、アピールの必要があると考えられた場合はその裏付けとなる書類を添付。推薦状の有無は問いません。)
応募書類は、郵送に限定、E-Mailでの添付書類による提出は受け付けいたしません。
本人による直接応募限定、個人による紹介は構いませんが紹介・派遣業者等の仲介はお断りします。
応募の秘密を厳守します。
提出書類は採否に関わらず返却いたしません(コピーで構いませんが採用の場合は原本をご提出いただきます)。

以下の点を評価いたします:
研究実務経験。業績(レフェリーのある国際的ジャーナルの論文)他に取得特許等があればこれも評価します。論文は基本的にビジネス展開につながる物以外は重要ではありません。
英語力は当該研究に不可欠ではありますが、必要なのはうまい下手ではなく意思疎通です(英語で討論、教育、ビジネス打ち合わせ)。
検定制度の合否は重要ではありません。
現在アジア市場への進出を開始しましたので韓国人、中国人の方の留学生も歓迎します。

問合せ・書類送付先:
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入中務町486-46
HiPep Laboratories/PIPLS Pharma Inc., 
人事・総務部門
Tel 075-813-2101
Fax 075-801-0280

  • お問い合わせ

キーワード検索

製品カタログ

ソーシャルメディア



関連リンク集
Copyright © HiPep Laboratories All Rights Reserved.