エドマン分解を行うために必要な試薬ならびに装置のメンテナンス費用が値上がりし、分析件数に比して過大な負担となるため受託費用の見直しを行いました。