新しい論文が発表されました。

標識ペプチドマイクロアレイを用いた疾患マーカー物質に依存しない診断のためのイメージングと多変量解析を組み合わせた独創的かつ革新的なバイオ検出システム

要旨患者体液(脳脊髄液や胃液)を使用し、新規に開発されたPepTenChip®システムの神経疾患や胃がんの初期の発見に寄与できるか、その実用性を評価した。蛍光強度変化から得られた画像パターンの違いを統計解析処理する画期的な手法は、迅速な検査と客観的診断を実現すると期待される。

We are pleased to send you a reprints of PepTenChip® as a preliminary detection results on human body fluids. Just Today electrically published.
Nokihara K, etal., Peptide Science 2018, page 20-21, 2019
Unique and innovative biodetectionsystem using structured and labeled peptide microarrays in combination with imaging and multivalent analyses towards diagnostics not depending on bio-markers
Please find the reprint involving Japanese, Chinese and Korean translated versions.
Japanese of this message is in the attachment file.