ペプチド合成受託、タンパク質・ペプチドを中心とした研究開発・調査。実験器具類や試薬、バイオチップの販売

沿革

沿革

2002年 » 2003年 » 2004年 » 2005年 » 2006年 » 2007年
  2008年 » 2009年 » 2010年 » 2011年 » 2012年 » 2013年

2002年

3月「生体の分子認識の産業への応用」をめざし、もの作り(製造)を行う会社として発展させるため設立、新規コンセプトによるバイオチップ(ペプチドアレイ)の開発に着手。
5月本社研究所ウエットラボ完成。8月第1回増資。11月会社案内URL完成、創業記念コンファレンス講演会開催。

2004年

9月沖縄バイオプロジェクトが採択されハイペップ沖縄ラボ設立。12月NEDO平成16年度産業技術実用化開発費助成事業採択される。

2005年

2月ハイペップ沖縄研究所設立記念講演会主催、4月バイオビジネスコンペ優秀賞獲得、5月第2回増資。6月本社研究所3階実験室50%拡張、タンパク質解析研究室整備。

2006年

2月第3回増資。10月会社法施行に伴う定款変更および第1~3回新株予約権発行。11月創立5周年記念講演会開催。

2007年

2月第4回増資。3月本社研究所敷地約1.4倍に拡張。7月(独)農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター「生物系産業創出のための異分野融合研究支援事業」採択。沖縄地域資源活用型研究開発事業採択。

2008年

5月沖縄イノベーション研究委託事業採択。細胞培養実験室完成。

2009年

約10年の歳月を投じて研究開発してきた次世代バイオチップ、PepTenChip(登録商標)の試験販売を開始。当該バイオチップはハイペップ研究所創立以来、総力を挙げて開発に取り組んできた主力製品であり、類似品は世界のどこにもない。当面研究分野のユーザー向けが主な対象であり、汎用品とするにはデータベースの開発を含め、更なる研究開発が必要である。また、当該バイオチップに用いる基板素材は従来にない優れた性状を有し、各種バイオチップのみならず、マイクロリアクター、ウルトラマイクロプレートなどにも適している。10月(独)科学技術振興機構 研究成果最適展開支援事業採択。

2010年

PepTenChipRがMALDI-TOF質量分析のサンプルプレートとしてそのまま使用できる事を米国質量分析学会で発表販売開始。固定化ペプチドライブラリーの販売開始。

2011年

4月末、研究開発の高効率化のため沖縄ラボ閉鎖。京都本社研究所に全てを結集。9月バイオチップ実験用クリーンルーム改装。

2012年

2月創立10周年記念講演会主催。

2013年

新技術財団、京都府、京都市からの助成採択。

2016年

3月、韓国法人設立。

  • お問い合わせ

キーワード検索

製品カタログ

ソーシャルメディア



関連リンク集
Copyright © HiPep Laboratories All Rights Reserved.