ペプチド合成受託、タンパク質・ペプチドを中心とした研究開発・調査。実験器具類や試薬、バイオチップの販売

沿革

沿革

2002年3月「生体の分子認識の産業への応用」をめざし、もの作り(製造)を行う会社として発展させるため文科省ミレニアムプロジェクト“革新的な技術開発提案”のリーダ研究開発リーダーを務めていた軒原博士が設立、独立。新規コンセプトによるバイオチップの開発に着手。5月本社研究所ウエットラボ完成、11月創業記念コンファレンス講演会を主催

2004年9月 沖縄バイオプロジェクト採択、ハイペップ沖縄ラボ設立、京都に加え沖縄本島でも研究開発を開始、12月NEDO平成16年度産業技術実用化開発費助成事業採択され急遽研究員増員。

2005年
2月 ハイペップ沖縄研究所設立記念講演会主催
4月バイオビジネスコンペ優秀賞獲得
6月本社研究所実験室拡張、タンパク質解析室整備
7月第1回ハイペップ沖縄国際コンファレンス主催
11月第1回京都紅葉コンファレンス主催(いずれも国内外の共同研究者招待講演)

2006年
10月会社法施行に伴う定款変更、第1~3回新株予約権発行
11月創立5周年記念講演会主催

2007年
3月本社研究所敷地約1.4倍に拡張(旭プレシジョンビル2階、3階を全て使用)
7月(独)農業・食品産業技術総合研究機構「生物系産業創出のための異分野融合研究支援事業2007-11年」採択、「沖縄地域資源活用型研究開発事業2007-8年」採択
12月紅葉ワークショップ公開講演会主催(京都本社)

2008年
5月沖縄イノベーション研究委託事業採択、細胞培養実験室完成、がん研究併走

2009年
7月バイオエキスポ展示と講演:次世代バイオチップ、PepTenChip®試験的販売を計画。第3回ハイペップ沖縄国際ワークショップ講演会主催
9月新株予約権行使(増資)、バイオジャパン講演・展示

2010年
6月バイオエキスポ展示と講演
7月第4回ハイペップ沖縄国際ワークショップ公開講演会主催
9月バイオジャパン講演・展示、 バイオチップ基板材料、ペプチドマイクロアレイ(PepTenChip®)の試験的販売開始

2011年
4月研究開発の高効率化のため、沖縄ラボ閉鎖、京都本社研究所に全てを結集、京都研究所拡張
9月バイオチップ開発用クリンルーム全面改装
10月バイオジャパン講演・展示

2012年
2月 創立10周年記念講演会主催

2013年
新技術財団の助成金で工業製造用アレイヤーを導入、バイオチップ製造システムが完成;支援を受けていたファンドの期限が終了し、ファンド持ち株を創業者が引き受け、12月末減資を実行。これによって累積赤字を解消、本格的なリストラを断行、研究開発の質を向上させた。

2014年
生体計測、バイオチップの基盤技術が完成、周辺製品開発も完了。国内外でのライセンスアウトも視野に入れ、事業展開と実サンプルによる実用化開発を開始。イノベーション実用化ベンチャー支援事業(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)採択。タンパク質認識に加えてDNA認識による創薬事業も展開

2015年
NEDOプロジェクトが成功裏に完了、API製造事業を開始。池田泉州銀行地域起こし「コンソーシアム研究開発助成」実用化の一環として口腔衛生検査の基盤技術開発を開始

2016年
1月サンフランシスコで毎年行われるJPモルガン主催のバイオテックショウケースに参加(経済産業省の支援)約30のパートナリングやマッチングを国際レベルで実施
3月アジアのバイオの興隆に合わせた戦略を開始するため、韓国法人・ハイペップ・コリア(HPK)を(韓国・京畿道安養市)に設立、軒原はCSOに就任、積極的に韓国市場に進出
5月HPK創業記念コンファレンス開催(Suwon, Korea)
8月 創薬研究開発成果から医薬製造部門をスピンオフさせ、株式会社ピプルス・ファーマを設立、軒原が社長に就任【兼任】当面ハイペップ研究所内でハイペップ研究所からの出向者によりGMP製造開始準備
10月韓国にピプルス・ファーマ・コリアを設立。軒原はCSOに就任
12月軍浦市(韓国京畿道)にGMP工場敷地を購入、建設準備を始め新規作用機序の遺伝子制御薬製造を企画

2017年
3~4月HPK主催のバイオコリア、コリア・ファーマと2つの大展示会を支援
6月BIO2017(サンディエゴに初参加、約70件の商談を行う)
7月京都市健康長寿産業事業化促進補助金採択【再生医療】
11月地域産業育成産学連携推進事業採択(神経難病検査ツール開発)
12月南京医科大学提携病院は中国有数の大病院で2016年創立80周年を機に、高度レベル人材のフレキシブル制度を制定、軒原は2002年以来南京医科大学客員教授兼任のまま、同病院の臨床医学大院教授に招聘され受諾

2018年
2月京都ビジネス交流フェア2018に出展(京都市健康長寿産業展示会支援事業)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

キーワード検索

製品カタログ

ソーシャルメディア



関連リンク集
Copyright © HiPep Laboratories All Rights Reserved.